見学・実習
お問い合わせ

研修医・専攻医リクルートサイト

人を変える力を持った環境がある。

初研

後研

ここでは初期研修医が主役

堀内 滋人

堀内 滋人

2012年入職
愛媛大学卒業

誰でも最初は“原石”です。それが光り輝く存在になれるかどうかは、一般的には環境の問題ではなくて、個人の問題でしょう。どんな場においても、自ら主体的に学ぼうとする姿勢がなければ決して伸びていかないと思うのです。しかし、もし学ぶことに対して意欲的であるならば、湘南藤沢徳洲会は王道中の王道です。いや、仮に受け身の姿勢しかできない人であっても、ここに来れば否が応でも主体的に学ぶようになるのではないでしょうか。その意味で、個人の問題など矮小化してしまうほどの圧倒的な力を持つ環境があると言えるかもしれません。

ここでは病院全体が「初期研修医が主役」と考えてくれています。出る杭はどんどん伸ばしてくれるし、原石を磨いてくれるし、諸先輩は背中で様々なことを教えてくれる。かつ、初期研修医であっても一人前の医師として扱って、対等に接してくれます。成長しないわけがありません。

学生時代の恩師は私に「医療を学ぶことが医学を追究することに通じる」と教えてくれました。私は世間と向き合うのではなく、患者さんと向き合って生きていこうと思います。目指しているのは、地域医療に尽くせる医師です。

pageTop