見学・実習
お問い合わせ

研修医・専攻医リクルートサイト

初期研修医 J2座談会 2020

初研

猪ノ坂 宗之

猪ノ坂 宗之

獨協医科大学卒業
2020年入職
栃木県出身

初期研修で着実に医師としての土台を築く

―初期研修医の場を湘南藤沢徳洲会病院に決めた理由と入職後の印象をお聞かせください。

猪ノ坂 初めの2年間は忙しい病院で働きたいと思っていました。地元の病院も見学しましたが、当院で病院見学を行った際、1年目でやらせてもらえることの多さに驚き、この病院でやっていきたいと思いました。

水嶋 初期研修は、地元と考えていました。私も忙しい現場が好きだったため、手技をやらせてもらえる環境と、救急医療での経験値を上げられること、医局の雰囲気や手厚い指導を行っていることに魅力を感じたからでした。

戸谷 私は2人とは異なり、忙しい病院は考えていなかったのですが、甘い人間なので、あえて厳しい場所を選びました。神経内科を希望していますが、2年間で医師としての土台を築くため、さまざまな疾患や手技を吸収できる当院に決めました。ハードな病院と聞いていましたが、見学の際、忙しいなかでも楽しそうに働いていることがすごく印象的でした。

加藤 私も戸谷医師と同様に性格的に自分から行動するタイプではなかったため、あえて主体的に行動しなければならない病院を考えていました。関東圏の病院を見学したところ、当院はハードな環境でしたが、医師やスタッフの熱意が感じられ、ここで研修したいと思いました。

加藤 顕真

加藤 顕真

熊本大学卒業
2020年入職
愛媛県出身

猪ノ坂 入ってからの印象は、ハードさは想像以上で忙しいと感じましたが、上級医の実力がすごいと感じ、自分が目指す医師像がありました。病棟での急変など初めは不安もあったけれど、先輩たちは治療法の知識も豊富で厳しい指導を受けられたため、自分の力になっています。みんなはどんな印象だった?

水嶋 私は想像通りの現場でしたね。1年目は力不足を実感しました。急変時に何もできず上級医から叱られることもありましたが、それは自分の勉強不足のため当然でした。私は挑戦したいタイプなため、積極的にやっていいか申し出ていました。外科でのローテートは朝から深夜までかなりハードでしたが、手術や手技が好きなため、外科は一番印象に残っています。また、湘南鎌倉総合病院の外科専攻医からなるSSA(Shonan Surgical Association)が、当院にもローテーションしており、強烈なインパクトがありすごい存在でした。循環器内科志望ですが、手技が好きで性格が外科向きなので悩んでいます。

戸谷 SSAはすごいよね。想像通りの現場でしたが、この1年間で、かなり手技を習得できたのでこの病院でよかったと思います。他病院に行った同期の話を聞いても、学べる手技が多いと感じていますし、当院の誇れる部分です。研修で必ず行うERのローテートでは、1例目は何もできない状態でしたが、経験を重ねるごとに慌てることなく行えました。ハードですが、上級医から突き放されていることはなく、すぐに質問できる環境があるので安心でした。自分で考える力は養えたと思います。

加藤 忙しさは覚悟していましたが、想像以上でしたね。(笑)オリエンテーション後に現場に出た初日、内科の当直がありました。初めは何もわからず、手が震える場面もありました。看護師の方と一緒に行い、本当に何もできないことを痛感しました。経験を重ねるごとに度胸もつき、何を行えばいいか考えられ、やれる手技も増えていきました。さまざまな症例に携われる環境は、医師としての力が確実につくと思いますね。

初期研修医 J2座談会 2020
戸谷 圭吾

戸谷 圭吾

宮崎大学卒業
2020年入職
北海道出身

上級医の働く姿から、医師としての姿勢を学ぶ

―今後の目標を聞かせてください。

猪ノ坂 私は具体的には決まっていません。どの診療科にいくにせよ、この意味のある2年間の学びを生かせるようにしたいと思います。

水嶋 私は小児の先天性疾患に興味があるため、今後学んでいきたいと思います。この2年間の経験は必ず何かにつながると思うし、何ひとつ無駄にはならないと思っています。将来は海外で臨床医師になることが目標です。

加藤 自分の身を犠牲にしても、ひたむきに患者さんと向き合う消化器内科の医師と出会えたことが財産となりました。将来の方向性を考え直すほど感銘を受け、循環器内科も消化器内科も、どちらも魅力を感じています。どの診療科に進んでも、尊敬する医師を見習い、逃げない医師としての姿勢は忘れたくないですね。

戸谷 そんなに影響を受ける出会いがあったとは。私は先ほど言ったように神経内科を目指しています。この2年間で神経内科以外にさまざまなことを学べたので、この経験を将来に生かしたいですね。私も知識だけでなく、医師としての姿勢や考え方を学べたことは有意義でした。

初期研修医 J2座談会 2020
水嶋 由佳

水嶋 由佳

センメルワイス大学卒業
2020年入職
神奈川県出身

医療現場での原動力は同期の存在が糧に!!

―現場の雰囲気と魅力を教えてください。

猪ノ坂 一番は同期の絆が深いことかな。お互いに声をかけやすく、何でも相談できる環境が気に入っています。全員人間的に面白く、新鮮で魅力があります。同期がいたことでハードな研修も乗り越えられました。

水嶋 病院の魅力は、同期の仲間と研修プログラムが充実していることです。15人という少人数なので、つらいことも話せるし、個性豊かな人が集まっているので楽しく過ごしています。上級医も厳しい中にやさしさがある方が多く、言葉にしなくても自分たちを理解してくれます。さまざまな経験を積めるので、確実に2年間で成長できます。また、湘南辻堂の最高なロケーションも魅力のひとつです。

戸谷 多くの症例を学べ、医師として成長できる環境と、同期や上級医との関係も良好なことが誇れる部分だと思いますね。当院のように症例数が豊富な病院と、症例をじっくり診ながらエビデンスを考えられるゆったりした病院、どちらを選択するかは個人によって異なります。自分の性格や、方向性を考えたうえで研修場所を選択することをお勧めします。どんな病院か自分の目で確認するためにも見学に来て、雰囲気を感じてほしいですね。

加藤 当院は研修医が主体的で働ける病院です。教育熱心な上級医が多く、さまざまな症例から数多くの手技を学ぶことができることも魅力です。みんなも言っているように、同期のつながりも固く、協力して行える環境があります。ぜひ見学に来てほしいですね。

初期研修医 J2座談会 2020
ご質問やご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら
初期研修医 J1座談会 2021
「初期研修医 J1座談会 2021」