見学・実習
お問い合わせ

研修医・専攻医リクルートサイト

前に進んでいる手応えがある。

初研

症例の数が自分を育ててくれる

諸橋 優祐

諸橋 優祐

神奈川県出身 奈良県立医科大学卒業
趣味は、カメラを持ってドライブに出かけること

研修が始まってまだ3ヶ月。たったそれだけの時間ですが、ものすごく濃かったのは間違いありません。次から次へと症例に接することができ、おそらく他の病院の何十倍もの症例を経験できたのではないでしょうか。どんな専門科であろうと病棟では急変は起こります。その時、自分が前に出て対応する力を、ここで確実に身につけられると感じています。

人の命を救いたいという気持ちは、誰にとっても原点にあるでしょう。その思いはあっても、力量が追い着いていかないのが現実です。けれど、多くの症例と対峙することで、少しずつではあっても確実に前に進んでいるという手応えが得られます。それが今の私にとって一番のモチベーションですね。

実は私は当院の前身の茅ヶ崎徳洲会総合病院で生まれました。研修先に選んだ理由には、その恩返しをしたいという想いもありました。将来の志望は産婦人科医です。せっかく子どもを授かったのに産むことができずに苦しんでいる不育症の人たちを、私の手で救いたいのです。
それがここで産声を上げた私の想いです。

pageTop