見学・実習
お問い合わせ

研修医・専攻医リクルートサイト

病院案内 理念と特徴

病院

見学

湘南藤沢徳洲会病院の概要

2012年10月に新築移転。湘南藤沢徳洲会病院に改称

湘南藤沢徳洲会病院

湘南藤沢徳洲会病院

平成24年10月1日、茅ヶ崎徳洲会総合病院は辻堂駅前再開発地区(湘南シークロス)に新築移転し、病院名を”湘南藤沢徳洲会病院”に改称しました。

湘南藤沢徳洲会病院は、地域の基盤病院の役割を担うべく、これまでの救急医療に加えて、小児科、産婦人科、周産期医療の提供を行うと共に、ガン治療、神経難病の治療を行い、更には遺伝子治療や再生医療などの高度先端医療をも視野に入れた高機能病院を目指します。

一方で、当院が辻堂に移転した後には、現在の場所に132床の新しい病院を開設し、地域の方々に信頼される医療を提供できるようにします。

茅ヶ崎徳洲会総合病院は関東での最初の徳洲会病院として、多くの方々の支えを頂いてこれまで医療を続けることができました。めまぐるしく社会が変化する中で徳洲会が担うべき役割はさらに大きくなりますが、その中で私たちは、湘南鎌倉総合病院・葉山ハートセンターなどのグループ施設や地域の医療機関との緊密な連携を取りながら、最先端医療、急性期医療、予防医療など全ての分野で活動していきたいと考えています。

湘南藤沢徳洲会病院

最先端医療

・救急対応:救急総合医療センター ・診療科:内科、呼吸器科、循環器科、神経内科、消化器内科、腫瘍内科、外科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、形成外科、小児科、産婦人科、泌尿器科、眼科、放射線科、耳鼻咽喉科、皮膚科、麻酔科、診療センター 、心臓病センター、呼吸器病センター、消化器病センター、神経・脳卒中センター、オンコロジーセンター、神経難病センター、脊椎疾患センター、放射線治療センター、腎臓センター、リハビリセンター、生活習慣病センター、睡眠障害治療センター
・集中治療部門:
・ICU(10床)
・HCU(20床)
・NICU(3床)
・GCU(3床)
・手術室:11室
・外来治療部門:
・外来化学療法センター(28床)
・日帰り手術センター(21床)
・透析室(50床)
・悪性疾患対応:緩和ケアチーム
・地域医療:在宅診療部門、訪問看護ステーション、訪問リハステーション、通所リハステーション
・予防医療:健診センター(一般ドック、脳・認知症ドック、脊椎ドック、睡眠ドック等)
pageTop